記事の詳細

庭野仁司は、中学時代に購入したパソコンにのめり込んだ事がきっかけで、今でもパソコンに携わる職に就いています。プログラマーやパソコンの修理などにも興味がありましたが、体力的な事も考え、システムエンジニアとして働くようになりました。

庭野仁司が所属する会社は、複数の企業のシステムの構築から、新しいパソコンを購入した時の初期設定や、パソコンが故障した時の修理、古いパソコンから新しいパソコンに移行する際のデーター移動など様々な仕事があります。

庭野仁司が持っていた知識はパソコンに関してのみでしたので、役職や担当業務によって使用できるファイルを制限したりするサーバーの知識はありませんでした。その為、就職してからマイクロソフト認定プログラムの資格の中でも必要な、MCPの資格を取得する事になりました。試験は会場に設置してあるパソコンを使用するため、より実践的な知識が必要になります。

元々、パソコンの知識の基礎があったので簡単と思っていたのですが、これまで触れていた知識と違い全くゼロからのスタートになったため、苦労しました。しかし、サーバー関連の資格や通常のサポートデスクとしての資格など、複数取得する事に成功しました。

その後、庭野仁司は、サポートを行っている会社のパソコンにあまり詳しくない方のために、マイクロソフトオフィスの資格「マイクロソフト オフィス スペシャリスト」の取得も行いました。マイクロソフト認定プログラムの資格と、マイクロソフト オフィス スペシャリストの資格を取得した事で、よりシステムエンジニアとしての業務に幅が出るようになりました。現在は、ネットワークの導入や、運用などネットワーク全般の試験のシスコ技術者認定資格取得を目指して猛勉強中です。

外部のサポートと同時に、様々なソフトの作成の依頼を受けます。ほとんどが、事務などの単純作業を効率化したり会社外のパソコンでは作業できないようなツールを作る目的ですが、自前のツールを使ってもらえれば、今後もそのツールを使い続ける限りサポートを受けられる事になります。

庭野仁司は、様々な資格取得と共に、現場での経験を積み、会社には無くてはならない存在になりました。パソコン業界は、毎日新しい情報が出現する世界です。その世界に乗り遅れないように、しっかり勉強を続け、更なる高見をめざし、日々努力する事ができる人間です。そんな庭野に触発されてか、会社の士気も高まっています。

庭野仁司が立ち上げた株式会社クォンタムジャンプコンサルティング

システムエンジニアとして活躍していた庭野仁司は、その後、一念発起して自分の企業を立ち上げることにしました。立ち上げた企業は、株式会社クォンタムジャンプコンサルティングといって、インターネット上にあげられてしまっている風評被害や誹謗中傷に対して、対策を講じてくれる企業です。インターネットに誰でも情報発信ができる今、風評被害は、ひとつの社会問題になっています。企業のブランドを根拠のない誹謗中傷で傷つけられてしまっては、たまったものではありません。そこで、庭野仁司は、株式会社クォンタムジャンプコンサルティングで、そういった誹謗中傷の記事の検索順位を下げるサービスを提供しています。

庭野仁司が活躍していたシステムエンジニアという世界は、サイト制作などにも関わっており、風評被害対策に関しても知識がないわけではありませんでした。しかし、株式会社クォンタムジャンプコンサルティングの設立に際して、新たに、検索のアルゴリズムについて、SEOというものはどのような仕組みになっているのかを勉強しなおしたそうです。そのあたりの努力家な部分は、システムエンジニアに関する知識を就職してから勉強した庭野仁司のエピソードからも頷けます。

インターネットの分野は、日々変化を続けており、特に検索エンジンのアルゴリズムは不定期かつ、大幅な変化をするものです。そのたびに知識をアップデートしていくのは、普通に働いているだけでは難しいものですが、庭野仁司は、それをしっかりと行い続けています。

また、スマートホン、タブレットの普及率の爆発的な上昇と、インターネットに対するリテラシーがしっかりと育成されていない子供たちが増えています。誰でもSNS、掲示板などに書き込めるようになっている現代は、ブランドイメージを保つことが非常に難しくなっています。また、検索するときに、第二キーワードとして、ネガティブキーワードが予測に載っているのを見たことがある人も多いことでしょう。こちらを放置したままだと、ユーザーからのイメージが下がってしまい、自社ブランドを保つことが難しくなってしまいます。そのネガティブワードが検索上位になってしまうことを防ぎ、逆にポジティブワードを上昇させるようにする対策を庭野仁司の株式会社クォンタムジャンプコンサルティングでは行っているのです。

システムエンジニアから、風評被害対策企業・株式会社クォンタムジャンプコンサルティングの経営者という華麗なる転身を遂げた庭野仁司は、これからもインターネットの世界を舞台に、活躍し続けることでしょう。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る