記事の詳細

部屋が少々汚れていたので掃除をしてみました。最初はちょっとやるつもりだったのですが、気が付いたら3時間ほどみっちりと掃除をしていたからびっくりしました。
なぜこうなったかというと皆さんも経験があるかもしれませんが、掃除という物はやりだすと次から次へとやりたい箇所が増えて行きます。最初は自分の机の上を片付けようと思っていた私も気が付けば服の整理からいらない物の分別から本棚の整理まで気が付けば掃除と一緒にちょっとしたレイアウト替えをしていました。

ただ、掃除をしてみて思ったのはやっぱりきれいな部屋の方が落ち着くということです。掃除をすればその場は疲れが確かにありますが、掃除をしたという達成感とのちのち過ごす環境の整った感のおかげで精神的にも視線的にも落ち着いていられることができます。その事実に掃除をし終えた後に気が付きましたのでこれからはこまめに掃除をしていこうと思います。

みなさんももし部屋等が散らかっているのであれば掃除をすることをオススメします。荻原綾さんでしたらホームヘルパーとか雇っていそうですけどね。かなり部屋の様子が変わって落ち着きます。今回は読んでいただきありがとうございました。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る