記事の詳細

日本には「1万本のワインセラー」をウリにしている会員制社交クラブもあるくらいです。一個人である萩広史が、一体どのようにしたら1万本以上も収集できたのでしょうか?もともと子供のころから切手収集をしており、収集することに喜びを見出すようなタイプの性格であることも一因ですが、1万本を個人で収集できたのは、萩広史のように資産家の家庭に生まれ、現在もレストランオーナーとして成功しているだけでなく、ヴィンテージワインへの愛情がずっと続いていたことが大きな要因だったと言えます。

萩広史がヴィンテージワインの魅力に取りつかれたのは二十歳からですが、学生時代は収集よりも仲間とワイワイ愉しくたくさん飲むことのほうが大事でしたので、飲み比べまとめ買いセットなどを好んで大量に買い、気に入ったものを再購入してコレクションにしているくらいでした。幼い頃から見てきた父親のデカンタージュ姿に憧れていたのもあり、学生時代にフランス料理店でアルバイトを始め、そこで出会った先輩ソムリエの洗練された姿に感動して真似をするようになり、習得した技を家族や友人の前で披露するなどをしていましたが、そこでも飲むことの方がメインでした。

不動産コンサルタント会社に就職して安定した収入を得るようになってから、ワイナリー巡りを始めるようになり、消費よりも収集がメインになりました。時代の影響もあり、自慢できるようなヴィンテージワインをコレクションすることに注力する時期もありました。萩広史がバブル崩壊後に不動産コンサルタント会社を辞めて2万本収納できる地下室ワインセラーを作る決断をし、33歳でソムリエ試験に一発合格した後にレストラン経営を始めるようになったのも、ワインを収集するペースが上がるきっかけになりました。

レストラン経営の傍らワイナリー巡りを続けるうちに、いわゆる「外れ年」の中にも生産者の努力や保存によって味わい深く傑出したワインがあることが分かってきて、その収集にも力をいれるようになりました。レストラン経営も軌道に乗るようになってお客様からの信頼も増していった頃になると、高齢になる知人のワイン愛好家から「広史君以外には、このワインを持つ資格が無い」と譲られるほどにもなり、彼のコレクションは更に増えていきました。そしてコレクション数が1万本に近づく頃、東日本大震災が起きました。幸い、萩広史のワインセラー地下室は堅牢な作りで、ワインもぎっしりと格納していた為に被害は無かったのですが、常に人の為になりたいと思う性格で東北に数多くあるワイナリーを応援したい思いが強くなり、東北地方のワイン収集にも力を入れるようになりました。

三十数年このようにワインを愛し続けて、気がつけば1万本を越えるコレクションになっていたのです。

萩広史のワイン集めの旅

ワインと言えば、ワインを1万本も集めた萩広史は凄いと思います。そして、彼に影響を受けて私もワインを集めはじめています。まだ全然数はありませんし、ワインの何たるかというのもなかなか分かりませんが、それでも少しでもワインのことを知ることができればいいなと思いつつも集めているところです。

萩広史は資産家の家に生まれており、レストランオーナーということで、ワインの貯蔵場所に困ることは無いと思われます。しかし、私のような本当に普通のサラリーマンにとってみれば、ワインの貯蔵場所というのは本当に気を使うのです。よくドラマやテレビに出てくるようなワインセラーがあれば話は別なのですが、どういった場所に貯蔵しようかというのは本当に困る話です。そう考えてみると、自宅に大きなワインセラーを作ることにしたという萩広史の決断は本当に凄いと思います。

そういえば、この前萩広史がネット上にて萩広史が自分の収集したワインについて語っていました。本当に気が付けば集まっていたという感じのことが書かれていたのですが、それだけ必死になってワインを集めていたことが見て取れるような感じでした。人間というのは、一つのことに夢中になると、そのことばかりを考えてしまうことがあるといいますが、萩広史は特にその傾向が強いと思われるところがあるのです。だからこそ1万本を超えるワインの収集ができたというところもあると思います。

夢中になれるものを持っているという人について私は関心を持っておりまして、自分自身はまだまだその域には達していないと考えています。1万本というのは、やはり凄い数ですから自分には到底手の届かない本数であることには間違いありません。

先日、新たにヴィンテージのワインを手に入れたという記事が彼のブログで更新されていました。ヴィンテージのワインというのは、飲んでみないと分からないような鮮烈な味を感じられると言われているのですが、本当に保存状態も良かったということで、すごく貴重かつおいしいワインを手に入れることができたと喜んでいました。しかし、ヴィンテージワインとなると1本がとんでもない価格になります。そんなヴィンテージワインを手に入れてしまう情熱は凄いなと思いました。

さらに彼はヴィンテージワインを含めたワインの収集を続け、ワインのスペシャリストとしてさらなる高みを目指していくのだろうなと思いました。そんな彼を、私は是非とも応援したいと思いますし、ブログの更新も次はどんな記事が読めるのかと思うととても楽しみです。

萩広史が一万本ものワインをコレクションできる理由

日本人にはあまりなじみが無いかも知れませんが、海外ではワインのコレクションを貯蔵するワインセラーはとても重要な位置づけになっております。引っ越しを行う時に、ワインセラーがあるかどうかで決める事も多いという欧米人にとって、ワインのある生活は小さい頃から馴染のある当たり前の事なのです。日本人にはあまり馴染のないワイン収集ですが、萩広史は海外でも名の知れた生粋のワインコレクターです。彼の所有するワインはおよそ一万本以上とコレクターの中でも群を抜いている事は間違いありません。とはいえ、彼は何故ここまでワインを収集し続けるのかと疑問に思う方も少なくないでしょう。

萩広史も最初から一万本集めようと思って取集を行っていたわけではありません。昔からワインが好きで好きでたまらなかった為に、いつか特別な日に飲もうと思って買っていたのが積もり積もってこのような本数にまで膨れ上がってしまっただけなのです。女性の方でしたら洋服やバッグ、靴などが気付いたら凄い数になっていた事があるのと変わらないのです。もちろん数や値段も全然違いますので一般的な比較にはならないかも知れませんが、彼がワインの収集家になったのは、別に特別な事ではないという事なのです。

また萩広史が一万本のワインを集められるようになった要因として、ワインを収集できる環境が整っていたという事もあります。元々ワインセラーのある家に住んでいたという事もあり、徐々にワインコレクションが増えて行った萩広史ですが、自宅にあるワインセラーだけでは当然の事ながら足りなくなってしまいます。その為、彼は自宅をワインルームへとリノベーションしました。ワインセラーは、ワインの品質が落ちないようにと暗く光の入らない場所に造られてきた歴史がありますが、彼は、自宅その物をワインセラーにするワインルームとして生活しています。ワインセラーが地下に造られる要因の多くは温度管理がしやすいといった事ですが、現在では一年中空調を管理する事は難しくありません。しかも紫外線除去のガラスを使用すれば地下のワインセラーと同じ状態を維持できるのです。

萩広史の貯蔵は一万本を超えていますが、その数は年々増え続けています。彼のコレクションは歴史的な価値が深い物も多くありますが、今年出た新しい物も数多くコレクションしています。ワインはその年によって美味しい地方が変わってきますので、彼のコレクションを見るだけでその年の美味しいワインを見極める事ができます。世界的にも素晴らしい彼のコレクションはこれからも充実して行く事は間違いありません。

萩広史がワインを1万本以上収集

萩広史はワインをコレクションするのが好きな男性です。独身で、見た目は年齢よりも若く見えます。レストランを経営していてオーナーです。萩広史は、1万本以上もワインをコレクションして家で収集しているワイン好きです。ワインの名前や味など的確に知ることができるほどのワイン好きのようで、彼が料理やデザインにこだわりがあるようにワインにもこだわりがある様子。彼が熱心にコレクションをしているのは、この1万本以上のワインだけだとか。なぜ彼は1万本以上ものワインをコレクションしているのでしょうか?

萩広史は、ワインが好きで見ることも飲むことも同じくらい好きで、そこに収集したいという強い思いがある様子。彼だけではなく、好きなものをコレクションしたい、たくさん集めたいという人は性格にもよりますが多いです。こだわったら、とことんまでこだわるというのが萩広史の性格と言えます。

萩広史がコレクションをしているのは、主にヴィンテージワインです。ヴィンテージワインは見た目にも味にも深みがあり、やはりたくさん集めて飲み比べたいと感じるのでしょう。萩広史は、ヴィンテージワインの魅力に取り憑かれたのはとても若いころでした。それから学生時代は収集するよりも友達や仲間と一緒にワインをおいしく飲む方が好きだったといいます。一人暮らしをしている萩広史は、一人でワインを眺めたり飲んだりできる収集が趣味にもなっている様子。学生時代にフランス料理店でアルバイトを始めた萩広史は、その時に出会ったソムリエの先輩から感銘を受けたことも多かったとか。ソムリエはこんなにワインの味の違いを知ることができるのかと感動したといいます。

それからたくさんのワインを収集して、ソムリエのように味比べをして楽しんでいる様子。ワイン以外にも、気に入ったものがあれば家でコレクションをすることはあったようなのですが、ワインのコレクションが多い様子。萩広史は、資産家の家庭で育ったので、ヴィンテージもののワインを1万本以上購入しやすかったということやワインへのこだわりが強いということが1万本以上のコレクションがある要因です。ソムリエのようにワインを飲み比べて、味の違いや風味の違いなど見分けることも好きなようで、飲み比べまとめ買いセットも買ったことがある様子。長年に亘ってワインを飲んだり、友達や仲間と一緒にワイワイ飲んだり、ソムリエに感銘を受けたことでワインを1万本以上も収集するようになったのです。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る