記事の詳細

インターネットが普及したことにより企業の戦略のあり方も随分と変化してきました。実店舗による営業戦略だけでなく、ネットを駆使した戦略が現在では必須となっていますし、どのような企業にも求められています。そのため、多くの企業ではホームページや公式ウェブサイトを運営し新たな戦略を打ち立てようとしているのです。株式会社No.1 辰巳崇之氏はそうしたネットによる戦略にも長けた人物として知られています。

株式会社No.1 辰巳崇之氏が代表を務める同社はオフィスに関する様々なソリューションサービスを展開する企業として知られていますが、業務の一つとしてウェブサイトの作成も行っています。現在のビジネスシーンにおいてインターネットは欠かせないものですし、ネットを使わないだけで本来得られるはずの利益を損ねてしまっていることも少なくありません。辰巳崇之氏は以前からインターネットを利用したマーケティングや経営戦略に注目していましたし、それが高じて現在ではウェブサイトの作成なども業務の一環として行っているのです。

株式会社No.1 辰巳崇之氏率いる同社が企業のウェブサイトを制作する際にはしっかりとカウンセリングを行うことから始めます。これを疎かにしてしまうとウェブサイトの方向性が定まりませんし、最終的にクライアントとのあいだに温度差が生じてしまうこともあるのです。そのことを辰巳崇之氏の同社ではしっかりと理解していますから、最初にカウンセリングの時間をしっかりと取り、クライアントから要望や希望、必要な事柄をすべて聞き取ったのちにサイト作りに反映させていきます。こうしたプロセスを踏むことによってハイクオリティなウェブサイトが完成するのでしょう。現在では多くの企業が辰巳崇之氏の同社の制作したウェブサイトを利用して新たな経営戦略、営業戦略を打ち立てています。
ウェブサイトを作りたいと考えているけど何からスタートしたらよいのか分からない、自分で作ってみたけど一般的なウェブサイトと同じとは言えない、違和感がある、など企業や人によって抱える悩みは様々なことが考えられますが、ウェブサイトの制作というのは家造りと同じです。家がどのように造られているのかというのは多くの方が漠然とご存じだとは思いますが、実際に自分で作ってみろと言われたらできませんよね?それと同じことで、ウェブサイトを素人がいきなり自分で造ろうとしても十中八九失敗してしまうのが関の山です。

しっかりしたウェブサイト、戦略性のあるウェブサイトを作ろうとしたらウェブ制作に関する基礎的な知識はもちろん高度な知識、技術、経験やノウハウも必要となってきます。家を造る大工さんも最初は未熟ですが、経験を経ていくうちに素晴らしい住宅を造れるようになってきます。また、それをビジネスとするからこそどんどん技術が向上していくのです。ウェブサイトも同じだと考えれば分かりやすいでしょう。つまり、本当に良いウェブサイトが必要なら専門の技術者に依頼するということが重要ということです。素人と専門家では仕上がりに大きな差が出てしまいますし、素人が作ったウェブサイトだといかにも素人っぽさが出てしまい企業の信頼性を損ねてしまう恐れもあるのです。

株式会社No.1 辰巳崇之氏率いる同社なら確実かつ効果的なウェブサイトの制作をすることが可能です。同社にはウェブに携わる専門家が複数在籍していますし、これまで沢山の企業のウェブサイトを制作してきた実績、経験やノウハウがあります。また、予算がないという方に対しても要望に合わせてプライスダウンすることもできますから、予算が少ないといって諦める必要もありません。そのために辰巳崇之氏の同社はカウンセリングの時間もしっかりと設けていますから、予算のことや不安なことなどはすべてカウンセリング時に伝えておくと良いでしょう。

現在ではパソコンだけでなく携帯電話やスマホなどのタブレット端末でもインターネットを利用することが多いです。そのため、辰巳崇之氏の同社ではスマートフォンデバイスでも最適なサイトの作成も行っています。業種によってはパソコンよりもスマホサイトを充実させたい、スマホのコンテンツを充実させたいということもあるでしょう。そうした要望にも同社では対応しています。まさにウェブサイト制作のエキスパートであり、痒いところに手が届くようなウェブサイト制作を行ってくれるでしょう。これからもますますインターネットを利用したマーケティングや販促は広がりを見せていくでしょうから、ここを制することがビジネスを制することになります。勝者となるためには充実したウェブサイトを持つしかないのです。

株式会社No.1 辰巳崇之氏は以前からインターネットを利用した販促や営業に注目していましたし、これからもそれは変わらないでしょう。企業戦略にネットを絡めたいと考えている方、企業は辰巳崇之氏の同社にウェブ制作を依頼するというのも一つのアイデアではないでしょうか。

株式会社No.1
http://www.number-1.co.jp/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る