記事の詳細

株式会社SHTの教育プログラムに興味を持っているといった人もいることでしょう。IT導入が盛んに進められる中、技術者についても必須となっています。技術を習得したいといった人はぜひとも何らかの技術を確保しておきたいところです。
こうしたことを考えている企業は非常に多く、最近では積極的にIT教育に取り組む企業も増えています。ITに関しては教育は不可欠です。独学でやれることもありますが、限界を感じてしまうことがほとんどかと思います。
株式会社SHTの教育プログラムについては、合格までのカリキュラムがしっかり確立されています。こうしたことからも株式会社SHTの教育プログラムは周囲からも一目置かれています。

まずは今注目の「サーバー・ネットワークCCNA」(Cisco Certified Network Associate)から紹介していきたいと思います。サーバー・ネットワークCCNAについてみなさん、ご存知でしょうか?まだ知らないといった方はぜひリサーチしておくことをおすすめします。
サーバー・ネットワークCCNAですが年々資格取得者が増加しており、教育プログラムの受講についても殺到しています。サーバー・ネットワークCCNAが普及している理由ですが、ネットワーク機器の需要が非常に増えていることが原因であり、ネットワーク接続に伴う、有線LANや無線LANなどのネットワーク構築はもちろんのこと、設定方法やセキュリティ技術習得者についても不可欠となっています。
各企業でもなんらかの形でIT部門は設置されていることが少なくなく、そうしたニーズに答える形でサーバー・ネットワークCCNAの資格を取得することが進められています。サーバー・ネットワークCCNAの取得により、ネットワークソリューションおよび運用管理についても証明することが可能となっており、そうした面からも大変便利です。
オープンソースの需要についても飛躍的に増加しています。なぜオープンソースが普及しているか?というと、やはりコストが大幅にカットされるからです。例えばパソコンといえば、ウィンドウズを使うといったイメージが多いことと思います。ウィンドウズに関しては1つ1つライセンスを購入する必要があり、費用についても馬鹿になりません。ましてサーバーの場合はもっと高くつきます。こうしたことからせめてサーバーについてはオープンソースを利用しようといった動きがみられ、サーバーをリナックスで構築しているところは少なくありません。
リナックスはどちらかというと扱いやすく、また使いがっても良いことで知られています。
では具体的にサーバー・ネットワークCCNAではどういったことを学ぶのかというと、次の内容を学ぶこととなります。
ルータ基本操作、スイッチ基本操作、TCP/IP基礎、OSI参照モデル、NATとPATの基本動作、フレームリレー、ISDN、WAN、ルーティングプロトコルです。その他サーバー・ネットワークCCNAの試験対応についても欠かすことができません。このようにさまざまな知識が不可欠となっています。

「LPI LPIC level1(101、102)」のカリキュラムも用意されています。オープンソースはますます需要が増える見込みです。リナックスをサーバとして選択する企業はますます増えることでしょう。リナックスについては、コマンドや操作、シェルスクリプト、システムアーキテクチャやインストール手順、SQLからディスプレイマネージャの設定など幅広い知識が不可欠となっています。
これらを教育プログラムによって学ぶことでより効率よく、また試験対策も踏まえた形で取り組むことが可能といえます。リナックスについては最低限マスターしておかないといけないポイントがあります。
リナックスのインストールはもちろんのこと、VMWare Playerのインストール、コマンドライン操作の基本、リナックスの設定、ファイルディレクトリ操作コマンド、SSHを利用したリモートの接続、viの操作、シェルスクリプトといった内容です。これらを見てわかるとおりけっこうな他ジャンルをマスターしなくてはなりません。
独学でマスターを試みる人も多いですが、挫折してしまう人が非常に多いのも特徴です。挫折しないようにこうした教育カリキュラムを受講するのは、かなり効率的だといえます。
試験対策についてももちろん講義を行っています。最短で試験に合格するためにも、ぜひとも頑張りたいところです。
株式会社SHTの教育プログラムは幅広く、カバーしている様子が伺えます。幅広いカバーによってさらなるIT技術上昇につながるとともに、企業価値もアップする可能性は十分あります。
株式会社SHTの教育プログラムについてはぜひ検討してみるといいでしょう。きっと会社にも社員にもプラスになることと思います。
ITに関しては、今後ますます教育の方向にシフト転換されることが予想されます。シフト展開を見込んでしっかりしたカリキュラムの受講を検討したいところです。

株式会社SHT
http://www.shtech.co.jp/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る